©竹原伸治

©Stas Levshin

©落合英俊

指揮:高関健 Ken Takaseki   

京都市交響楽団常任首席客演指揮者(2014年4月~)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者(2015年4月~)、仙台フィルハーモニー管弦楽団レジデント・コンダクター(2018年4月~)、静岡交響楽団ミュージック・アドヴァイザー(2018年4月~)。

広島交響楽団音楽監督・常任指揮者、新日本フィル正指揮者、大阪センチュリー交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督(現在・名誉指揮者)、札幌交響楽団正指揮者などを歴任。

桐朋学園在学中の1977年カラヤン指揮者コンクールジャパンで優勝。ベルリンでカラヤンのアシスタントを務め、タングルウッド音楽祭でもバーンスタイン、小澤征爾らに指導を受けた。

日本のオーケストラはもとより、ベルゲン響、ウィーン響、オスロ・フィル、ベルリン・ドイツ響、クラングフォーラム・ウィーン、ケルン放送響などに客演。2017年4月には2013年に続きサンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会を指揮、ロシアの名門オーケストラから豊潤な響を引き出し、聴衆や楽員から再び大絶賛を受けた。

オペラでは新国立劇場公演「夕鶴」、大阪カレッジオペラ「ピーター・グライムズ」などで好評を博し、ブーレーズ京都賞受賞記念ワークショップではブーレーズから、ミッシャ・マイスキー、イツァーク・パールマンをはじめとする世界的ソリスト、特にマルタ・アルゲリッチからはシチェドリン作品日本初演等3回の共演を通じてその演奏を絶賛されるなど絶大な信頼を得ている。

第4回渡邉曉雄音楽基金音楽賞(1996年度)、第10回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2011年)、第50回サントリー音楽賞(2018年度)を受賞。

東京藝術大学音楽学部指揮科教授 兼 藝大フィルハーモニア管弦楽団首席指揮者。

2019年3月には、ウラジオストクとサンクトペテルブルグにおいて、『ロシアにおける日本年』の一環として團伊玖磨のオペラ「夕鶴」を指揮、日本とロシアの文化交流に大きな役割を果たした。

twitter.com/KenTakaseki

ゲストコンサートマスター:山口裕之 Hiroyuki Yamaguchi

 

ヴァイオリンを鷲見三郎氏に師事。桐朋女子高校音楽科(共学)を経て、1976年桐朋学園大学音楽学部卒業。1969年全日本学生音楽コンクール(全国大会)1位。1975年日本音楽コンクール2位。1977年民音コンクール室内楽部門で1位なしの2位に入賞。1983年ゼフィルス弦楽四重奏団を結成、1988~1991年までカザルスホールのレジデンスクァルテットとして活躍。大学在学中からの永年にわたるオーケストラ活動を経て、現在は後進の指導に専念。1988~2010年の23年間携わった東京藝術大学非常勤講師をはじめ、桐朋学園大学非常勤講師(1984~)、尚美学園大学客演教授(2006~)、洗足学園大学アンサンブルアカデミー客員教授(2012~2013)等多数兼任、2014年より東京音楽大学教授。アンサンブル・フランは、1988年の共演以来ご指導頂いている。

 

 

 

指揮:新田ユリ Yuri Nitta

 

国立音楽大学卒業、桐朋学園大学ディプロマコース指揮科入学。指揮を尾高忠明、小澤征爾、秋山和慶、小松一彦各氏に師事。’90年ブザンソン国際青年指揮者コンクールファイナリスト、’91年東京国際音楽コンクール<指揮>第2位受賞。’91年4月東京交響楽団を指揮してデビュー後日本国内主要オーケストラへ客演。オペラにおいては、横浜シティオペラ、大田区民オペラ協議会等でモーツァルト五大オペラ、夕鶴を指揮。また東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪市音楽団、シエナ・ウィンドオーケストラへも度々客演。キングレコード、ポニーキャニオンより、共演CDをリリース。
’00年文化庁在外研修生としてフィンランドに派遣。ラハティ交響楽団監督オスモ・ヴァンスカのもとアシスタントを務める。以後フィンランドと日本を活動の拠点とする。クオピオ交響楽団、ヨエンスー市管弦楽団、ミッケリ市管弦楽団、ラ・テンペスタ、クリスチャンサン管弦楽団、フィンランド国防軍吹奏楽団、フィンランド海軍吹奏楽団、等へ客演。’05~’07年オウルンサロ音楽祭へ招聘、’06年と’13年リエクサ・ブラスウィーク客演。
’05年フィンランド日本友好協会よりラムステッド基金奨学金を授与。中日新聞「エンタ目」コラムを執筆。NHK「名曲探偵アマデウス」に出演し、シベリウスの作品を解説。日本においてもフィンランドを初めとする北欧5カ国の作品の演奏に力を注ぎ、その叙情的な感性は高く評価されている。’15年1月より、一般社団法人愛知室内オーケストラの常任指揮者に就任。現在国立音楽大学、桐朋学園大学、相愛大学、同志社女子大学で後進の指導に当たる。響宴会員。日本シベリウス協会会長。著書に「ポホヨラの調べ」(五月書房)。

http://www.yuri-muusikko.com

森と湖の詩

日本とフィンランドを拠点に活躍する 指揮者新田ユリの活動を紹介するサイトです。 「芸術文化を通して人間と自然を宇宙規模で考えていきたい」 という願いをもつ新田ユリ の了承のもと、スタートさせました。 この「森と湖の詩」を通して、 皆様とともにその願いを共有できたら幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

yuri-muusikko.com

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now